百忍の知恵

其の一:いつの時代でも、またどんな人物でも完全にその器量に似合うポストを獲得するまでには、

            天から下されるいくつもの試練に耐えなければならない

其の二:敢えて人と争わない! 利益を争うのはそれぞれに欲があるからであり、言論を争うのは

            それぞれに意見があるからである。争わないといっても、自分なりの見解や判断はきちんと

             持っている事である。唯、次元の低い争いには加わらにという事である。

其の三:自分の役割と出番はここまでであるという限界点を知る力を出所進退能力という

其の四:日常生活において簡素を求めることを忘れると、人生が空しくなるのである。

其の五:異変が起こる時は吉凶いずれかの前兆がある。この理は明白で、たやすく曲げることは出来ない。

其の六:運命現象というものは、須らく(すべからく)、その出発点において、やがて起こるであろう現象の原因が

            生まれているのである

()(

其の七:国には国の(かく)、民族には民族の(かく)がある。人に人の格が有るのと同じである。そればかりか、

            物にもそれぞれの格がある。格は尊貴のもので、全ての格を総合するものが人格である。

)

其の八:「人間の価値」と言うのは時間と空間、つまり時代と社会で決まる

其の九:時間は決して逆行する事のない実に見事な自然界の真理を掴んでいる。

其の十:言葉は知性から生まれるから智者は書物を蓄えたりしないものだ。

其の十一:智によって知ることのできないものは、これを言葉で表現することは出来ない。

其の十二:言葉は知恵の及ばないところに止まるのが最上のあり方なのである。

其の十三:すべて外物に心が傾いていれば精神の働きはにぶるのだ。

其の十四:富をすばらしいと思う者は財産を人に譲れないし、世界に知られる事をすばらしいと思う者は

                    名誉を人に譲れず、権勢に親しむ者は人に権力を与えられない。

其の十五:大いに備わる事を知るものは何物をも求めず、何も失わず、何も捨て去らず、

     そして、外物によって自己の本性を変えるということがない。

其の十六:野心とは本来、人に飼い馴らされない獣の心をいう。

                そして、野心とは不屈という激しさを内包している。

其の十七:才能は充分に磨いておかなければならない。但し、自分の才能は奥深く隠し

                おっとりと構えていることが大切である。

其の十八:昔から、災難に遭うのは十人中、九人が頭の切れる人であった。

     おっとりした人で災難を被った人は(ほとん)どいない。

其の十九:人間を重厚にさせるものは礼節にまさるものはない。

其の二十:運命の変化の出発は、形あるものではなく心の変化にある。

其の二十一:運の低下の出発とは、視野の狭さにあらわれる。それを出発点として、

      やがて地位・財にも影響が表れてくる。

其の二十二:求めていくのが西洋的・・現実分野の発展。

            捨てていくのが東洋的・・精神分野の発展。

其の二十三:西洋は事実から思想が生まれている。東洋は思想から事実が生まれている。

其の二十四:西洋人は神を崇拝するが自然を崇拝せず。日本人は自然を崇拝して神とする。  

其の二十五:利には害を交えて考える事を忘れてはならない。

其の二十六:知識は得やすく英知は得難い。人は知識と英知の区別を忘れてはならない。

其の二十七:「智」とは洞察力とか、先見力と言った意味である。リーダーの条件の第一に

      ()げられるのがこの「智」である。

其の二十八:物事が形になって現れる前に、その動きを察知し、適切な対策を講じられる能力、

      それが「智」に他ならない。その「智」をたっぷり身につけているのが「智者」である。

其の二十九:水の流れは上から下へと自然の流れに沿って流れるが、お金の流れはそれとは逆に

      下から上へと流れる。この理は誠に明白であり、たやすく曲げる事は出来ない。

其の三十:男女は基本的には同格であるが、ものの考え方が女性の世界と男性の世界では差がある。

其の三十一:物事のサイクルが狂ったときは男性が脆くなり、先行きが見えない時ほど女性の力が必要になる。

其の三十二:男女は同権であるが別世界であり、同世界であると考えるなら女性が男性の真似をすることに

             なり、物まねでは女性は男性を追い抜くことが出来ない。

其の三十三:言葉は少しでも慎みを怠ると禍を招くことになり、行いはよほど気を付けるようにしないと

      辱めを招くことが多い。

其の三十四:男女とも異性の世界を知らないものは幼稚な人物になり、人間が精神的に大人になるためには

      自分が知らない世界を理解する能力が必要となる。

其の三十五:男女とも高い地位になる程、異性の能力を理解し認める傾向がある。

其の三十六:女性は家庭の中に不安があると前進力が鈍る。男性は家族のために働いていると思うと

            安心感を持つ。  

其の三十七:男性は常に未来(前方)に目が行き、女性は家族(後方)に目が行く。

      その為、女性はどんなに不安な未来でも前進できる。

其の三十八:男性は動乱の時代には不安感が強くなり弱く、動乱期に強いのは女性である。

其の三十九:何事も極端に走らなければ反対の現象も起らないものである。

其の四十:人にさまざまな生き方はあるが、天命に従っている限りみな道に合致している。

其の四十一:人知による成敗、禍福は本物ではない。それに迷わされて恨みをいだくのは時勢や運命を知らない

      者である。また、事の得失に知力は無用である。運命を全うして自然に得失すべきである。

其の四十二:忍こそあらゆる事の出発点である。忍に徹してこそ仕事を成し遂げる事が出来る。

      大事を成し遂げようとすれば必ず忍に徹しなければならない。

其の四十三:人から裏切られても、こちらからは裏切らない。これが自分を活かす道。

其の四十四:トップに立つ者は孤独であるだけに、とかく猜疑心にかられやすい。

      細心の注意があってこそ、人間関係がスムーズに運ぶ。

其の四十五:人間が人を使うには自分の次元(意識)を上げる必要がある。

其の四十六:単一の原因から複雑な結果を生むことは真理上あり得ないのである。

其の四十七:他人を説得するには、自己の内にある方法が確立されていなければならない。

      自信のない方法で相手を納得させることは不可能である。

其の四十八:説得する人は、その心を人々に覗き込まれないように、また、目立たないようにすべきである。

      自分の心を読まれたら説得どころか逆に相手に説得される恐れがあり、また、説得する者が

      目立つならば邪魔が入るという事を示している。

其の四十九:人の心は人の心だけで掴める。大企業のもろさは組織があって心がない。

其の五十:評判は実績がなければ作られないものである。

其の五十一:お金は出す事によって入って来る=呼吸と同じである。

其の五十二:長生きしようと思う者は清い心をもち、寡欲でなければならない。

其の五十三:人間のために天地万物が有ると考えるのはとんでもない誤りである。

其の五十四:本来、真理というものは単純、平凡である。それだけに難しい。

其の五十五:勝気な人というのは、人間的に観て単純で正直な人に出て来る特質である。

其の五十六:まことに真面目な人間は人に媚びないものである。

其の五十七:隠れたものを見抜くのを明察と言い、処罰を断行するのを厳格と言う。

其の五十八:人間は、自分の思い通りにならないという状況の中で、広い視野を身に付ける事が出来る。

其の五十九:人間にとって攻撃力とか守備力は、現実の利得の世界へ進もうとすれば必要欠くべからざる

                   ものであり、この二つに弱さが出ると言う事は現実の世界での弱さを暗示するものである。

其の六十:静は不変を持って静と考え、動は変をもって動なり。

其の六十一:人間には生まれつき、利益によって左右される一面がある。この一面がそのまま成長していくと、

      人に譲る気持ちがなくなって争いが起こる。

其の六十二:勝つ者は道なりに進もうとするが、敗れる者は近道を選んで結局は道に迷う。

其の六十三:人間関係では付き合う相手を慎重に選ばねばならない。

                 「己に如かざる者を友とする勿れ」である。

其の六十四:人間は現実によって精神を得、精神によって現実を得る。其処には常に精神と現実の循環が

                   存在している。

其の六十五:人間、有形が欲しいと思ったら、それを得るための武器は無形の世界である。

其の六十六:生とは「霊魂と肉体の融合」であり、死とは「霊魂と肉体の分離」である。

      生きていてこそ初めて「命」。

其の六十七:運命を変える事が出来る最大の武器は人間自身の心であり、神は運命を変え得る力も運命のままに

                  従う力も、共に人間に与えているのである。

其の六十八:人間の力は微力であり自然界の力で摂理を敵に回して生き残れるはずがない。

                  人間の生活は自然から授かったもの以外の存在物は有り得ない。

其の六十九: 人は必ず何かの能力を持つのでそれを見つけ出す事が必要であり、

      一番の欠点の反対側に可能性がある。集金が下手は使い方が上手。

其の七十:「人を以って天を助けず」とは、天の自然の運行のままにして、そこに人為を用いてはならない

                  という意味である。

其の七十一:人間というものは、やはり、私智を用いてはならない。

                   心を虚しゅうして自然に従えば万事は解決する。

其の七十二:人間の精神とは人を引き付ける引力の根源なのである。

                   そして、それをコントロールするのが「心」の位置。

其の七十三:精神世界とは、与えられた物事を「静止」の中で学び取る世界である。

其の七十四: 次元が上昇する時は必ず肉体は(こく)されている状態にある。

                   そして精神が拡大されれば必然的に高い次元の行動が生まれてくる。

其の七十五:もともと精神と現実が一体となっている度合いは男性よりも女性の方が強く

                  女性の本能として切り離しにくいものである。

其の七十六:現実と精神が同時に働くのが女性であり、精神と現実が別々に働くのが男性とも言える。

其の七十七:精神と言えるものは形を持たないものであり、他人の力を必要としない処で形成しなければ

                  ならない。

其の七十八:量りというものは物の規準であり、礼というのは節度の規準である。

其の七十九:善悪が熟さないうちは、善人でも災いにあい悪人でも幸運にあうという。

其の八十::賢人とは?才知にすぐれ善行があって、賢い人をいう。

其の八十一:聖人とは?智において万事に通じている人をいう。聖人の智は大道に通ず。

          故に「万物以って心を乱すに足るものなし」故に静かなり。

其の八十二:庸人とは、つねなみの人、凡庸の意から凡人という。

其の八十三:努力とは自分の願望を貫き通すだけではない。方向を間違えた努力は自我である。

其の八十四:人の上に立つ者は、みだりに権力を人に貸し与えてはならない。

其の八十五:恩恵をうまく施す人物はやたらに施さない。滅多に使わないから効果がある。

其の八十六:どんなに素晴らしい民主主義が生まれても、役目に上下が無ければ平和な世の中は維持

                 できないのである。

其の八十七:一つの会社でも、社長がいて部長がいて課長がいる。これは変動的といえども立派な

                  身分制度である。

其の八十八:そもそも、愚か者は後悔が多く不肖の者は自らを賢いと思うものです。

其の八十九:智謀とは、根本的な問題について思慮を働かすことである。

其の九十:慎重さとは、どんな些細な事にも注意を怠らぬことである。

其の九十一:攻撃とは敵の意表を突くことであり、機略とは事態の変化にすかさず対応する事である。

其の九十二:すべてに執着心を持たず、また、あれこれ、これあれと比べてみようとしない者は、

                   偉大な理知の持ち主である。

其の九十三:出発点・原因というものが生涯を通じての重要な要、ポイントとなることが、運の真理と

                  なることを忘れてはならない。

其の九十四:苦は自然の法則にそれている場合であり、楽は自然の法則に合っている場合であるといえる。

其の九十五:人間には最初から無の世界を見る能力は与えられておらず、生きている間に自分自身で身に

                   付けなければならないわけである。

其の九十六:素晴らしい未来を築く第一の条件は、過去に残されたものを大切にして行くこと。過去のない

                  未来は脆く、過去を捨てる事は未来を見放す事と同じである。過去は北方、未来は南方、北な

                  くして南は有り得ません。それを忘れた時に人は未来へ通じる道に迷うのである。

其の九十七:是を是とし非を非とする、これを智といい、是を非とし非を是とする、これを愚という。

                  是非善悪を正しく判断してこそ聡明といえる。

其の九十八:昔の人材登用にみれば、智者の短所よりも愚人の長所を用い、智者の拙なるところよりも愚人の

                  巧みなるところを用いる者が成功している。

其の九十九:強は弱の積み重ねであり直たるものは曲たるものの積み重ねであり、豊かなものは不足の積み

                  重ねである。弱者、無能者、不足者を軽視してはならない。

其の百: 長寿と短命、貧賤と富貴、これらはみな偶然に支配されるものではない。

              それ相当の理由があってのことだ。死については、九人中、三人は長寿、三人は短命、残り三人は

               養生に気を配りながら死に至っている。

2014年6月18日