縦横学


<写真>無何有の里 徳島県海部郡美波町山河内字西山

『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』と言いますが、この言葉の本当の意味を考えたことがあるでしょうか。人間がつくり出した「物質文明」は確かに歴史と共に発展・進化の道を辿り、今でも日進月歩の勢いで変化をもたらしています。これは「物質世界」は有形=現実=横線の世界であるため、目の前の現物を見たり、先人の業績のデータを見ることで常にその上を目指して来た積み重ねの結果であります。その結果、人間は人間自身も進化していると錯覚していると思われます。
本当にそうでしょうか。確かに過去の人間に比べ肉体的・体力的には向上し、平均寿命も延びていることは確かです。しかし宇宙や自然界の歴史から考えると20~30年はほんの一瞬であること、「肉体と精神を以って人間」と考えると、人間に備わったもう一つの大切な部分である「精神世界=無形=縦線」はどうであるか、そこに行き着くことになります。
人間の精神世界は常にゼロからの出発であり、本人にとっては本人の経験は積み重ねになりますが死によってまた無(ゼロ)に戻ることが繰り返されています。つまり人間の「精神世界」は先人からの積み重ねが出来ないことが「物質世界」との大きな違いであります。そのため西洋では精神世界=宗教(神)世界と決めております。しかし西洋と宗教観が違う東洋の先人は人間の精神世界を「歴史に学ぶ」ことを考え、そのために司馬遷の『史記』に代表されるような歴史書が残され、賢者はそれを学んだのであります。そうした経験から『歴史は繰り返す』『社会法則は人間の意志や意識とは関係なく独自に動く』などの言葉が生まれています。
現代の欧米崇拝で西洋化した日本人は本来の東洋思想の精神を学ばず、また西洋的な宗教への拠り所も持たず、唯々「物づくり」に邁進して来ましたが、今こそ世界の本当のリーダーになるために東洋の先人の人間学である「精神世界」が求めれれています。


縦横学のすすめ

縦横学と囲碁

007_1

 諸子百家の主要九流の中に「縦横家」は入っているが「兵家」は本来は入っていない。『孫子の兵法』であまりにも有名であり、戦略学の永遠のベストセラーとまで言われているにもかかわらず何故なのか。孫子の兵法の「戦略」に対して縦横学では「軍略」という考え方を持ち、「戦略」は軍隊の進退を論じるのに対して「軍略」は国家の進退を論じ、「戦略」が戦いに勝つための方法論に対して「軍略」には根底に組織の「経済思考」が入る。つまり「戦略」は「軍略」の一部分であり、中間管理者のためのもので組織のトップにとって「戦略」よりも「軍略」が重要で「軍略」は組織トップの予測・対処・準備の学問である。

 この関係を「囲碁」と「将棋」に置き換えて考えると縦横学が「囲碁」であり、孫子の兵法は「将棋」の世界と考えられる。「将棋」は決められた戦いの編形の中で如何に有利に行動して早く王将を追い詰めるかに対して、「囲碁」は全くの無の中から全体を見ながら布石をして自分の領域を拡大することで勝敗を決める。正に「戦略」と「軍略」の明確な違いが感じられる。特に「囲碁」の正式の19路盤は碁盤の中心の「天元」を次元として『次元とは伏せることを常とする』ことから19×19=361から1を引き360度の宇宙の広がりとした。そして縦線と横線の交点に白黒(陰陽)の碁石を打つことは縦横学の世界と余りにも共通していることに驚かされる。それもそのはず『書経』には堯帝が不品行な人物の教育のために囲碁を創ったという話が載っている。つまり人間関係図に方向を入れて定め創られたものと考えられる。それは生きることを縦線と横線の交点において、一目置く、手を打つ、駄目押し、布石、定石、捨石、死活問題、傍目八目、大局観、劫(コウ)などいずれも囲碁に由来する慣用表現で処世術を説き、特に組織のリーダーに「囲碁」を薦める所以がそこにある。

 呉清源九段の言葉に「碁は調和にあり」とある。囲碁は白と黒の調和の上に成り立っており、お互いに調和を破らないように打ち、終局に僅かなバランスの違いで勝敗を決める。正に人間関係を説いた人間学である。

2014年6月28日

縦横学の本流

 古代中国の自然思想の流れの中で生まれた干支解釈技術を継承したものに「万象学」と呼ばれるものがあり、自然界の推移の読み方を作り上げ、森羅万象の知恵をまとめ上げたものである。この干支を自然界の推移法則としてその真理とバランスを追及し学問的な見地で考察する人達が現われ「子平法」という分析予知技術の思考を生み出した。それが干支主体で儒教や易と合流して推命術の源流になった流れと、宗教から完全に離れて方向主体(縦と横を重視)の学問を持つ「縦横家」の流れに分かれた。そして縦横家とは『人間同士の絡みや駆け引きなど人間性の特色を判別出来る人達』とされていた。

この学問(縦横学)の最大の特徴は「占い」のような個人的予知ではなく、政治の流れや経済・軍事の動きを如何に予知するかの集団学<軍略学>によって行ったことである。そして縦横学は原理や思想を重視する思想学であることが最大の特徴である。この流れで縦横学の縦横家を生み出したグループを「三命」と呼ぶようになり、その流れを伝承しているのが「算命学」である。

そしてこの算命学は中国の歴代の王朝によって保護されて一子相伝・門外不出で、その後も2000年の長きに亘り秘密裏に研究され続けて来たのである。つまり縦横家の何たるかが歴史家に理解されなかった理由がここにあった。特にこの学問は原理・思想部門に価値があり人間学の真髄とされる所以であるが、そこから生まれた占術部門のみに多く目が向けられ、事実「算命」の名で中国や台湾に存在しているのが実情である。

第二次世界大戦後、中国が共産国家になった際、中国の最後の伝承者で清朝の外交顧問であった呉仁和氏が日本の長崎に亡命し、当時13歳の高尾義政氏(48歳で死去)を養子に迎えて伝承したと伝えられている。そのためこの学問の真髄は中国にも台湾にも存在しておらず、残存する唯一の国が日本である。尚、この縦横学研究には高尾義政著の「原典算命学大系」等を参考資料としている。

2014年6月28日

縦横学の歴史

◆縦横学の源流と鬼谷子

世界史で東洋の世界を勉強すると必ず目にするのが中国の春秋戦国時代(BC770~BC221)に活躍した思想界の「諸子百家」の存在である。そこには儒家・道家・墨家・法家・陰陽家・名家・農家・雑家と並んで主要九流の中に必ず目にするのが「縦横家」の存在である。そしてその主要人物として「蘇秦」と「張儀」の名前が上がり、蘇秦は『鶏口となるも牛後となる勿れ』の説を持って、対「秦」の包囲網として「合従論」を説いた。

これに対して、張儀は「秦」との同盟を結ぶ「連衡論」を説いたとされている。そして一説では縦横家の語源は地理的に秦が中国の西方に位置していたのに対して6国(燕・趙・魏・斉・韓・楚)が東方に北から縦に並んでいたことから、合従論を縦の結び付きとし、連衡論を横の結び付きとしてそれぞれに活躍したことから縦横家と名付けられたとする説がある。

司馬遷の『史記』には蘇秦と張儀の二人が「鬼谷子」に学んだ兄弟弟子であることが明記されており、鬼谷子は戦国時の縦横家で地名「鬼谷」に住んだことからそれを号としたとある。そして鬼谷子については酒井洋著“より巧みに生きる縦横学的発想のすすめ”孫子が超えられなかった男『鬼谷子の人間学』からその一端を知ることが出来る。

この本はかつて日本軍の情報参謀なら必ず読んでおくべきと言われた本の『鬼谷子』の解説本であるが、この中で酒井氏は鬼谷子に学んだ弟子達として縦横家の蘇秦と張儀以外に孫子の兵法で知られる兵家の孫臏(そんぴん)と龐涓(ほうけん)の名前を挙げるなど神仙家や易占家達にも影響を与えた人物としている。そして『鬼谷子』の中身は縦横学を説いたものでも兵法学を説いたものではなく「他人の説得法」であるとしている。つまり縦横学の本当の中身はこの本からでは知ることが出来ないことになる。

そんなこともあり鬼谷子にしても弟子の蘇秦・張儀にしてもその姿は歪められ歴史的に評判が悪い。その大きな理由が「縦横学」の本当の中身が秦の始皇帝の統一以来「門外不出」となり、ほとんど隠されて研究された運命にあったことが大きな原因であると考えられる。

司馬遷は蘇秦について『蘇秦は最後に反間(スパイ)の悪名を被って死んだので、世間はこれを笑い、その術を学ぶのを嫌がった。蘇秦の物語は世間にいろいろの異説がある。これは時代の違った遊士の話で似たようなものを、みな蘇秦に付会したためであろう。自分はその事跡を整理し、順序立てて蘇秦に悪評ばかりあびせることのないようにしたつもりである』と言ったと伝えられている。縦横学の本当の中身を知ることが出来れば、蘇秦が中国史上で最高の出世男の一人になった理由が解かると思われる。

2014年6月2日

縦横学の誕生

この学問が持つ技術やその根底をなしている原理は大変古い時代に成立している。そしてその技術は各方面に活用され応用されているにも拘わらず、その原理に関しては世に流布されることはなかった。そしてこの学問の誕生の証しは古代中国国家の「殷」に見ることが出来る。殷王朝は夏王朝と周王朝に挟まれた時代の紀元前1500年頃に位する国であり、1899年以降に発掘された亀甲などに印された甲骨文字によって初めて実在が確かめられた国家である。

その中に六十干支が記されていることから、既にこの時代に干支が発明されていたことを物語っている。但し、この時代に形成されたものは単純な陰陽五行説から成り立っており、その後の時代に何度も改良させた形跡がある。

六十干支は暦術に使用するもので殷王朝の時代に暦を形成する技術が存在していたことになる。殷王朝期の暦では1ヶ月が30日で上・中・下の3旬に分かれていて、六十干支は2ヶ月で一巡するように出来ていた。六十干支によって天体の動きを捉え、暦を作り出す技術は大変複雑であり、西洋とは全く違う発想である。先人達が六十干支を使用した最大の要因は地球と太陽や惑星の軌道性や周期性の発見であり、もしこの先人達が天と地上の運行を単純に物理的・数理的に捉えていたなら干支の発明がなかったと考えられ、この干支の発明に伴うものの考え方が後の東洋人の思想の根源となっている。

この学問の原理もこの干支の誕生と暦の作成の中にあり、この学問は狭義に解釈すると暦術思想と言える。西洋でも東洋でも天文学が暦術を生み出しているが、西洋では天文学が暦術を生み出し、暦術が数学や物理学を育んだ。一方の東洋は天文学が暦術を生み出す間に思想を生み出し、出来上がった暦術が「倫理」を形成したことになる。つまりこの学問は天文学によって生まれた暦術を思想と倫理によって挟み込んだ三位一体の学説であり、最初から「占術」のために考案されたものではなく、この学説を応用すれば人間の運命を見る「占術」が出来るという二次的、副産物的に応用範囲が広がったのである。

※「倫理」とは人間として守るべき道であり、「倫」とは仲間の意味で仲間同士の人間関係を律する決まりで「道徳」を意味する。

この学問を二次的に応用した占術の中に、多大な自然(神)の意志を見つけ出すことが出来ることは「瓢箪から駒」のようなもので、思いがけず自然界の深奥を知る方法が見つかり、この学問の理論と併用すれば人間の謎の部分に一つの光明を投げ入れることが出来る。その意味から原理・技術・応用を連結して説明出来ることは価値がある。

この学問が東洋に及ぼした功績は大きく、歴史が進むにつれ多様化する社会の中で、ややもすると人間の生存方向を見失いがちになる現在において、古代人が考え出した自然科学の思想は、未来へ向かう現代人にとって新しい思索と方向をもたらす糧となる。人間が生きていく上で、その生き方が原理・原則に基づかないものであれば、いつの日にか崩壊するはずである。そして今も昔を人間にとって最良の師は自然界(神)である。自然界は決してテクニックを使用せず、原理・原則そのままに生き動いている。

2014年8月24日

縦線と横線の意味

縦横家の本当の語源は縦線と横線の意味合いから人間学を組み立てたことにあり、地理的な要因で名付けられたとする説は「縦横学」の詳細を知らない歴史家が名付けたものである。そして縦横家の思考法の原点である縦線と横線の意味合いは以下のようになる。

◆縦線は陽で「男性」「精神」「道徳」「社会」等を表わし、横線は陰で「女性」「現実」「常識」「時代」等をわす。

 001_1                          

①「男性」はそのため縦社会を本能的に築き、上下意識を持つため、上下関係を尊重して地位に礼を尽くすためピラミット型の社会組織を築くことになる。「女性」は横社会を本能的に築き、平面的集団を築くため上下の差 が生まれにくく、そのため対等意識が強くなるため、特に同姓の上司に対して男性にはない対抗意識を持つ。

②男性は「精神思考」が強く、上司に自分に欠ける「現実=能力」を求め、女性は「現実思考」が強いため上司自分に欠ける「精神=人間性」を求める。そのため男性社員の多い職場では上司に「能力」重視の人選が適し女性社員の多い職場では「人間性」重視の人選が適する。尚、男性社員で上司に「人間性」を求める場合はその人の中身が女性的な証拠であり、女性社員で上司に「能力」を求める場合は中身が男性的な証拠でもある。

③縦線は「道徳」を横線は「常識」を表わすことから、子供の家庭教育では男性の父親が物事の善悪の基本である「道徳」を教え、女性の母親はしつけに当たる「常識」を教えることを役目とする。そのことから物事の「善悪」の判断がつかない子供が増えている原因は父親役の男性の弱体化が原因であり、「しつけ」が出来ていない子供は母親不在の家庭環境を意味する。

④縦線は「社会」を横線は「時代」を表わすことから、「社会」の仕組みや組織を作るのは男性が得意であり、しい「時代」や流行を作るのは女性であるとする。時代の変革期には必ず女性が活躍した歴史的事実が証明している。

《男性と女性の個人と集団の違い》

男性は個人の時は攻撃本能が強く集団では守備本能が強くなり、女性は反対に個人の時は守備本能が強く集団では攻撃本能が強くなる。そして男性は「守備力」のために集団を作るので集団の目的がなくても崩壊しないが、女性は「攻撃力」のために集団を作るため集団の目的がないと崩壊する。そのため男性の集団は本来は内勤的な仕事に適し、個人は表に出る仕事に適する。反対に女性の集団は表に出る仕事に適し、個人は内勤的な仕事に適する。つまり男性の営業マンは一人で営業した方が結果が出やすく、女性の営業ウーマンは複数で営業した方が結果が出る。男性集団は縦社会になることが最大の特徴のため本能的に上下意識を持つためピラミッド型組織に適し組織的に国を守り家族を守る戦いに適する。女性集団は対等意識が強く上下の意識がなく組織化しにくいため組織化するには横に分裂するグループ化が適する。つまり女性組織を拡大するには小グループを増やし、リーダーを「能力」より「人間性」で選ぶことが重要である。

また女性集団は攻撃的には強くなるが守備的に弱くなるために常にグループの目的を持ち進まないと団結力が崩れる。つまり女性集団は会社の創業期や変動期に大きなパワーを発揮するが、パワーを維持するには常にハングリー感を持つ目的と満足感を与えことが必要である。尚、組織的に内部崩壊して「個人」に戻った女性は受動的の守備本能に戻る。また女性集団は戦いのための戦いになり、不必要な戦いまでする危険性がある。事実戦場では女性的な質を持った男性兵士が最も勇敢な戦いをしており、指導者の中に女性的質を持つ男性がいると動きが活発になる。以上のことから組織を大きくして攻撃をかけたい経営者はまず女性集団の形成を計り、拡大した組織を守るには男性パワーが必要である。つまり「時代」を創り出すのは女性であり「社会」を創り出すのは男性である。

◆縦線は「空間」「精神」「霊魂」を表わし、横線は「時間」「現実」「肉体」を表わす。

    縦線 - 空間・精神・霊魂

    横線 - 時間・現実・肉体

人間の「肉体」は横線の右(東)で始まり、左(西)で終り、「霊魂」は縦線の下(南)から始まり、上(北)で終わる。つまり肉体は東方で生まれると同時に時間を所有し、細胞が分裂を繰り返しながら成長してその後は徐々に年を取り西方の死に向かう。霊魂は南方で生まれてから「融合」を始め3年後に肉体に宿る。その後も融合しながら成長を続け北で終わる。つまり人間の肉体は生存中に老化をするが、精神は肉体が存在する限り成長を続ける。葬式で水引や幕が白と黒であるのは、白色は西方の色で肉体の終わりを意味し、黒色は北方の色で霊魂の終わりを意味する。つまり死者の肉体と霊魂が共に成仏するように願いを込めており、皇室や地域により白と青の幕を使用するのは青色が東方の色であり、もう一度生き返って欲しいという願いを込めている。新郎の黒の紋付と新婦の白無垢の着物は新郎は肉体が終わるまで、新婦は霊魂が終わるまで添い遂げることを意味している。

また子供の「七五三のお祝い」の三歳は霊魂が肉体誕生の3年後に宿ることから「人間として完成」を祝う意味がある。このように縦横学の思考は仏教などを通して日本人の生活の中に古くから深く浸透していた。

◆縦線と横線に五方向を配置し、五行など全ての要素を当てはめて思考する。

 五方向は地図と全く同じ東西南北と中央で「位置」、「場所」を表わしている。

  北方 〔水〕黒/冬/習得/智 -  目上(親/上司)

  南方 〔火〕赤/夏/伝達/礼  -  目下(子供/部下)

  中央    〔土〕黄/土用/引力/信  - 自分 

  東方  〔木〕青/春/守備/仁      - 社会/仕事(兄姉/後継者/友人/恋人)

  西方     〔金〕白/秋/攻撃/義   - 配偶者(弟妹/補佐役)

2014年10月2日