伊藤博文の縦横学的分析

003-1

◇1人目の総理大臣

◇誕生~1841年10月16日       ◇死亡~1909年68歳 <暗殺>

◇就任時~1885年(乙酉)44歳        ◇在職期間~延7年5ヶ月

◇出身県~山口県             ◇学歴~松下村塾

◇経歴/業績~立憲政友会総裁、初代総理大臣、初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監

                    大日本帝国憲法起草

 

            【宿命運】          【大 運】

         癸 戊 辛     - 龍 南           <天沖殺><東>

       寅 丑 戌 丑 辰   貫 龍 貫       3 丁酉      退

     卯 癸 辛 癸 巳   南 牽 堂      13 丙申      退

                            23 乙未     【退】

◇24分類~KB      ◇天沖殺~無          33 甲午      進

◇体力指数~254(大)  ◇守護神~年干           43 癸巳      進

◇気力指数~28(大)   ◇一気格~地支              53 壬辰      進

◇活躍時~動乱期4     ◇三連結~無             63 辛卯  ★   進

◇行動タイプ~集団行動3  ◇干 合~癸戌

◇リーダー資質~二領域△  ◇位相法~庫気刑   

◇対人関係         ◇初代運~無     

  <縦> 目上○ 目下○  後継者~二条件 

      <横> 社会● 家庭○  ◇人の器(八門法)~中央型

◆人物的本質

1.冷静な観察力を持ち的確な批判精神を持っている。

2.環境が味方する場合としない場合とでは、性情・気質に大きな開きがあり、利点・欠点の差が大きい。

3.表面に現われるエネルギーよりも内面に蓄積されるエネルギーの方が大きいため、何事においても耐久力の

       ある行動性を所有している。

4.環境が味方しないと蓄積されているエネルギーが瞬間的に爆発状態を起こし、この星が爆発状態になると

      抑える方法は見当たらない。

5.エネルギーと星の器が相当大きく、大きいだけに細かい人情が現われ難い。

6.同時に責任の受け止め方が小さいために器の大きさとの間にアンバランスを起こし、人生の究極や大切な

      時に放浪性を発揮する可能性を持つ

◆総理大臣になれた適性と強運度、及びその他の要因

  ◇適性~牽牛星、龍高星2個

  ◇強運度~年干守護神、地支一気格、異常干支

  ◇その他~1885年の初代総理大臣を決める宮中会議の際、当時、太政大臣の三条実 美に代わり伊藤博文に

                      決まった最大の理由は「外国電報」が読めることで あった。外国と縁がある龍高星を2つ持つ

                      伊藤は1863年に長州五傑の一人として英国に渡り英語や礼儀作法を学び、 1870年と1871年

                      に 渡米、1873年ドイツの皇帝やビスマルク宰相と会見するなど外国慣れしていた。

◆歴史的事実やエピソードと縦横学的要素

  ◇1895年日清戦争後の下関条約に対して三国干渉が起こる。

    ⇒家庭・本人・仕事のすべての面で争いが起き、破壊が起きる最悪の年であった。

  ◇1909年満州ハルピン駅で韓国人により暗殺される。

    ⇒この年は中央に「害」が巡り、心の病から精神不安定で何事も思い通りにならない年であった。

                後の東大医学部の教師としてドイツから招かれていたエレヴァン・フォン・ベルツは「韓国人が

                伊藤を暗殺したことは特に悲しむべきことである。何故なら彼は韓国人の良き友であった」と

                言った。伊藤は日韓併合に否定的であったが、初代韓国総督になったことと人間的本質が細かい

                人情味が現れ難く、武骨なところと誤解されやすいタイプであったことが不幸な結果を招いた。

  ◇ライバルの大隈重信が「伊藤は理想を立て制度法規化する才覚に優れ、陽気で派手で、国家のための政治

   であって自分の野心のためはなかった。但し、敵に対しても味方に対しても態度が鮮明でなかった」と評

   している。

    ⇒長所は物事を論理的に捉える知性派で、明るくポジティブで新しい時代を作る人であったが、短所は

     枠にはまらず、世渡りが不得手なタイプであった。

  ◇女好きで有名で常に芸者をはべらしていた。

    ⇒東西の星が同じため、本人は無意識で配偶者と他の女性との区別がなく、また体力指数が大であるこ

               とから精力も大であった。

  ◇邸宅や金銭に執着がなく財産らしい財産は残さなかった。

    ⇒明治天皇が伊藤を信頼したのはお世辞を言わず武骨な正直者で、金銭にきれいで私財を持たなかった

              ことであり、分析上もお金に縁がないことが明確である。

2014年9月17日

吉田茂の縦横学的分析

007_1

◇32人目の総理大臣

◇誕生~1878年9月22日                  ◇死亡~1967年89歳没

◇就任時~1946(丙戌)年67歳           ◇在職期間~延7年2ヶ月           

◇出身県~高知(出生は東京)           ◇学 歴~東京大学法科卒

◇経歴/業績~外務次官、外務大臣、貴族院議員、復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員  

        皇学館大学総長、二松学舎舎長

        サンフランシスコ平和条約締結、吉田学校と言われた政治家の人材育成 

       【宿命運】                   【大運】             

  癸 辛 戊     - 牽 恍            <天中殺><東>

辰 卯 酉 寅 申   鳳 龍 司         5歳 壬戌     進

巳 乙 辛 丙 酉   貴 龍 胡         15歳 癸亥     進

                        25歳 甲子     進

◇24分類~KC        ◇天沖殺~無   35歳 乙丑    【進】

◇体力指数~154(小)     ◇守護神~月干  45歳 丙寅     退

◇気力指数~20(中)      ◇一気格~無    55歳 丁卯     退

◇活動期~平和期3        ◇三連結~無    65歳 戊辰  ★  退 

◇行動タイプ~集団行動5     ◇干合~戊癸    75歳 己巳  ★  退

◇リーダー資質~四領域・対沖× ◇位相法~対沖   85歳 庚午     退

◇対人関係           ◇初代運~二条件

  <縦> 目上● 目下●     後継者運」~一条件

  <横> 社会○ 家庭●    ◇人の器(八門法)~南方型

◇人物的本質

1.冷静な観察力を持ち的確な批判精神を持っている。

2.環境が味方する場合としない場合とでは、性情・気質に大きな開きがあり、利点・欠点の差が大きい。

3.表面に現われるエネルギーよりも内面に蓄積されるエネルギーの方が大きいため、何事においても耐久力

        のある行動性を所有している。

4.環境が味方しないと蓄積されているエネルギーが瞬間的に爆発状態を起こし、この星が爆発状態になると

       抑える方法は見当たらない。

5.エネルギーと星の器が相当大きく、大きいだけに細かい人情が現われ難い。

6. 同時に責任の受け止め方が小さいために器の大きさとの間にアンバランスを起こし、人生の究極や大切な

        時に放浪性を発揮する可能性を持つ。

◆総理大臣になれた適性と強運度、及びその他の要因

 ◇適性~牽牛星、龍高星2個  

 ◇強運度~月干守護神、大運天中殺七旬~八旬

      通常は晩年期の大運天中殺は陰転するが、前の六旬に丁火が回ることで宿命の干合変化による火性

                  とで守護神の辛金を尅す忌神効果の影響があり、大運天中殺が陽転したと考えられる。また七旬・

                  八旬の20年間は専気が回り自分のエネルギーが一定方向に集中し、その上に七旬の方三位の成立

                  は一分野に専念することで集中力が発揮出来る時期であった。

 ◇その他~幣原内閣総辞職後、第1党の自由党総裁鳩山一郎が公職追放のため後任総裁を吉田に依頼し、第1

                  次吉田内閣が成立した。これは旧憲法下で天皇の組閣大命による最後の総理であり、非衆議院議員

                 の最後の総理であった。また実父が公選議員であったため世襲政治家が総理になったのも吉田が初

                 めてである。

◆歴史的事実やエピソードと縦横学的要素

◇高知出身の自由民権運動家を父に実母の身元は不明、3歳で父親の親友で貿易商の吉田家の養子になる。

⇒24分類法の縦の六種類のCタイプは特に片親との縁が薄いことと家系のはみ出し者的存在であることが

     特徴である。

◇少年期は大磯にて育ち、10年余り学校を渡り歩いた末、学習院大学科に入学するが閉鎖のため東京帝国大学

    法科大学に移り1906年政治科を卒業する。同年外交官試験に合格し、同期に廣田弘毅がいた。

⇒宿命運の陽図にある龍高星は体験から学ぶ学習本能で放浪性があり、外国と縁が深いことが特徴である。

◇外交官の花形は欧米勤務であったが20年の多くを中国で過ごす。1928年外務次官に就任し、外交的には英米

    との関係を重視した。1936年の廣田内閣で外務大臣の候補であったが陸軍の反対で叶わず、駐英大使になり

  日英の親善を目指して、日独伊の三国同盟に強硬に反対し、1939年特命大使となり外交の一線から退いた。

⇒1936年は本人に「逆気」が回り運気が荒れ、旺気刑で仕事関係のトラブル、破で物事が不完全に終わる時期

    であった。

◇1946年5月自由党総裁鳩山一郎の公職追放に伴い総裁に就任、内閣総理大臣に就任して第一次吉田内閣が 

     誕生する。

⇒1946年は運気的に「生気」が回り、人に助けられ、担がれる時期であった。また上記の強運度を参照。

◇1947年日本国憲法公布により国会議員であることが総理の条件となり、実父の選挙区である高知全県区から

    立候補した。吉田はトップ当選したが与党の日本自由党が日本社会党に敗れたため、片山内閣が成立したが

    長続きせず、続く芦田内閣も1948年に昭電疑獄で瓦解した。

⇒1947年は運気的に「逆気」が回り、運気が荒れて、目的から反れる年であった。

◇1848年10月吉田は第2次内閣を組織し、直後の衆議院議員総選挙で自由党が大勝し、第3次吉田内閣を発足

   させた。これは3年8ヶ月の長期内閣であった。

⇒1948年も「逆気」であったが1949年には「専気」が回り、エネルギーが一定方向に集中した自力運の時期

     に入った。

◇1951年サンフランシスコ平和条約と米国との安全保障条約を締結する。帰国後の内閣支持率は58%に上が

   った。

◇独立達成を花道に退陣論があったが、第4次、第5次と続投した。その間公職を解かれた鳩山との抗争や度重

   なる汚職事件、特に造船疑獄では幹事長の佐藤栄作のための指揮権発動で多大な批判を浴びて支持率は下落

   した。

◇1954年野党の不信任案に対し、解散で対抗しようとしたが、側近に諌められ12月に総辞職する。

⇒1951年~1953年までは「逆気」が続き、変動の大きい運気の荒れた次期であった。1954年から本人は

  「生気] に入ったが周りから諌められ総理大臣を辞める。

◇癇癪持ちの頑固者であり、洒脱かつ辛辣なユーモリストの一面があった。

・客人に居留守を使い、ばれて抗議すると「本人がいないと言っているのだから、これ以上確かなことはないだ

    ろう」

・日米平和条約に反対した者に「このご時世、番犬ぐらい飼っていいだろう。犬と餌代は向こう持ちなんだよ」

・訪米し外国人記者に元気な様子を褒められると「元気そうなのは外見だけ。頭と根性は生まれつき良くない

    し、 口は美味いもの以外受け付けず、耳は都合の悪いことは一切聞こえない」健康法は「人を食っている」

・カメラマンのしつこい撮影に激怒し、コップの水を浴びせ「人間の尊厳を知らないのか」

・地元高知県から有力者が陳情に訪れると「私は日本国の代表であって、高知県の利益代表者ではない」

・引退後、宮中園遊会で昭和天皇が「大磯は暖かいだろうね」の呼びかけに「はい、大磯は暖かいのですが、

    私の懐は寒うございます」

・吉田が鳩山から自由党総裁を引き受けた時の三条件は下記の通りで鳩山を憤慨させた

  ①金作りは一切やらない

  ②閣僚の選考に一切の口出しは無用

  ③辞めたくなったらいつでも辞める

 ※養父からの膨大な遺産相続は吉田が冗談に「吉田財閥」というくらいであったが吉田が一切利権にかかわ

       らなかった証拠にほとんど、その遺産を残さなかった。

⇒行動範囲が四領域で位相法が対沖の「四位風型」あり、用心深さと無鉄砲さが同居した運命の矛盾が起き、

    それが奇想天外な言動を生んだと考えられる。また晩年期に子供の星である「天貴星」が回っており、

     この影響で悪戯っぽい言動があったり、体力指数が154とローパワーにもかかわらず、気がしっかりした

      状態で体調も若さを維持し、89歳まで長寿を全うしたと考えられる。

2014年9月21日

歴代総理大臣の適性と強運度の解説

 1885年に内閣制度が施行され初代の内閣総理大臣伊藤博文が誕生して以来、2014年現在で62人の内閣総理大臣が誕生している。その中には延2,886日(7年11か月)在職した桂太郎から在職54日(2ヶ月足らず)の東久邇宮稔彦王まで在職期間は様々である。しかしながら例え在職期間が2ヶ月であったとしてもこれまでに誕生した代議士の総数を考えると内閣総理大臣になる確率は大変なものであることが理解出来る。

 人生には努力だけでは果たせないことがあり、中には派閥の代表を長年務め巨額の資産を使い果たしながら、総理大臣になれずに亡くなった政治家が何人も存在しており、庶民には想像出来ない競争の中で総理大臣が誕生している。そこでこの現実から推測して、この62名の人には他の人にはないような適性や強運さが存在したものと考え、縦横学的な要因を分析した。

1)宿命の陽図から読み取れる適性と強運度

①石門星(せきもんせい)

     本能として周りの人の力を借りて集団や組織を間接的に守る。性情としては集団の中で力を発揮するため

   「和合性」を持ち、対人関係を良くするための「協調性」、和合するための「社交性」、現実的な社会の中

     では善も悪も含めた「政治力」がある。その他「リーダーシップ」「説得力」「用心深さ」「大衆性」

    「対等意識」などの要素を持つ。

 ★所有者数:22名

②牽牛星(けんぎゅうせい)

   本能として間接的・文官的であり、集団的・組織的な攻撃本能を持つ。 性情としては実直な性格で「真

    面目」な生き方をし、プライド「自尊心」が 高く、責任感が強く「地位 や名誉」を重んじ正に役人的で

    ある。尚、「几帳面」で潔癖過ぎて寛大さに欠ける。

 ★所有者数:21名

③龍高星(りゅうこうせい)

    本能として体験から学ぶ学習本能で、知りたいという本能が必然的に行動を促し、動物的な知恵となる。

 性情としては親や家族と「離別」して外国       などを「放浪」し、どんな環境にも入って行って「同化」

 出来て、実際に行動しながら学び知る「体験  的知識欲」が強く、「創造・改革」意識が   あって自分で

 掴むまで忍耐強く行動する。

 ★所有者数:27名

④天将星(てんしょうせい)

    気力と体力が完全一致した世界であり、我欲の強い世界である。身内のことより他人のことを思いやり、

    世のため、人のために働く人となる。生涯 を現役として主役となって人生を歩み続ける。

 ★所有者数:18名

 ⑤三連結(さんれんけつ)

     十大主星はそれぞれ独立した世界を所有すると同時に他の星と連結・融合して新しいエネルギーの世界を

  構成する。宿命三連結は表示の星<三連結の中心>の次元の高まりが生じる。人間が事を成す時には物事

  の出発から終わりまで一貫してエネルギーを発揮することで幸運を掴むことが出る。それは「やる気」

 「心」「行動」=「気心体」が一つに連結・融合してこそ成功の形となる。

  ★所有者数:18名

2)宿命の陰図から読み取れる強運度

①守護神(しゅごしん)

    守護神とは基本的に「心のバランス」を保ち、幸運をもたらしてくれる存在であり、宿命守護神がある人は

    何かと助けられ、成功の確率が高くなる。尚、自分の守護神を配偶者や仕事仲間が持っていても同じ働きを

    する。

 ★所有者:伊藤博文、桂太郎、寺内正毅、若槻禮次郎、阿部信行、吉田茂、竹下登

②一気格(いっきかく)

・天干一気格(てんかんいっきかく)

    宿命の天干が一つの気(五行)にまとまる場合を天干一気格と言い、陰陽の混在、干合変化による場合も

    それに準じる。想念(精神)が同じ気のか  たまりとなるため強運の持ち主となり、そのため行動が伴う

     ことにより成功の可能性が高くなる。

 ★所有者:桂太郎、加藤友三郎、岡田啓介、橋本龍太郎、森喜朗、小泉純一郎、野田佳彦

・地支一気格(ちしいっきかく)

 宿命の地支の全部が同じ五行になる場合を言う。行動の一致のかたまりになるため強運の持ち主となる。

    尚、本人が出世する時は必ず上を滅ぼすため、部下にするのは危険なタイプである。

 ★所有者:伊藤博文、加藤高明、福田赳夫、

③天剋地沖(てんこくちちゅう)

 名称の通り天干が相剋関係、地支が対沖関係の組み合わせのため、宿命に天剋地沖がある人は普通の人に

     とって不思議な人に感じられ、人を惹きつける魅力的な人に見える。運命的には人の運を食うほどのもの

     すごいパワーを持ち、大スターにこの所有者が数多くいる。反面、配偶者など相手に恐怖感を与える一面

      がある。またエネルギーの消耗が激しく人生が太く短くなる可能性がある。

 ★所有者:原敬、齋藤實、石橋湛山、池田勇人、小渕恵三

④異常干支(いじょうかんし)

 六十干支の中の13種の特殊な干支であり、宿命に異常干支を所有する人は凡人と は違った意識や感性を

    所有する。凡人と異質であるため、平凡な人生を選択すると運勢が伸びにくくなり、異質な生き方を選択

 した方が人生に無理がない。異常干支所有者は時には天才的な面を発揮して活躍し、時には凡人が理解出

 来ない異常な面が現われる。つまり内面的に天才の面と異常性格の面が一心同体の状態にある。

 ★所有者数:28名(特に菅直人は年月日の干支がすべて異常干支である)

⑤宿命天中殺

 宿命天中殺の中でも下記のものは特徴的である。

・互換天中殺(ごかんてんちゅうさつ)

 生年天中殺と生日天中殺の両方を所有し、両親と自分の場所が不自然な状態のため「初代の気」と言い、

 自分一代だけの家系となり、自分が築いた名誉・財産は無に戻る。生涯を受け身の姿勢で波乱を避けるか、

 太く短い生き方かのどちらかになる。

 ★所有者:犬養毅、林銑十郎、羽田孜、

・日座天中殺(にちざてんちゅうさつ)

 日干支に異常干支の甲戌、乙亥がある場合であり、特徴は行動と結果に欠点が出て、「現在」のための

 人間関係づくりになり、仕事や利害に関係しない人間関係は生まれにくく、無駄のない世渡りをする人

 に見える。また周りの人達に賛同を求める形を取り、他人の助言を取り入れているように見えながら、

 自我の強さや頑固さが強く働く。そしてどんなに大きな業績を挙げてもそれが過去のものになった場合

 その評価が小さくなり、過去の働きで評価されることはない。

 ★所有者:中曽根康弘、竹下登

・日居天中殺

 日干支に甲辰、乙巳がある場合であり、特色はよく働き、肉体的耐久力を持つため「働き者」「正直な

 真面目さ」と評価される。しかし心と結果に欠点が出て、幼少期に身に付いた習慣や思考が大人になって

 も変化しない特色があり、日常の行動面で同じ失敗を繰り返しても反省し改善しようとせず精神世界に

 逃げ込む。そのため「精神の貴人、行動の野人」となり精神と行動のバランスが悪く、庶民の中の貴人と

 なるが上流社会のはみ出し者となる。また「老若の同居」の面があり、精神面では「老成」しており、

 肉体や現実行動面では「若」である。

 ★所有者:桂太郎、鳩山一郎、池田勇人、佐藤栄作

3)大運から読み取れる強運度

  大運とは後天的な10年運であり、宿命と性別により異なるため、その人独特のもので後天運の中で最も

      影響が大きい。

①大運天中殺

 大運天中殺の基本は自分の天中殺が大運に巡って来る場合であり期間は20年間となる。そのため大運の巡り

    方により大運天中殺がない人もいる。また逆に大運天中殺は条件によりその時期が「移動する現象」と天中

     殺が重なった場合は「延長する現象」がある。天中殺現象とは人間の運命はパイプラインの中を上下して

     進む状態であり、天中殺時はそのパイプの枠がない状態のため、上がりっぱなし(陽転)と下がりっぱなし

   (陰転)状態になる。尚、一般的に若い時に大運天中殺が巡る場合は陽転が多い。

  ★所有者数:62名中53名

  但し、9名の中で全くない人は1名だけで他は生存中に巡らないケースである。

②変剋律

 変剋律とは大運の中で異常干支が2個以上連続で巡る場合であり、大運天中殺に準ずる現象が起きる。特に

    大運天中殺がない場合は主となる。

 ★9名の中の変剋律所有者:小渕恵三、野田佳彦

2014年8月20日